ピアノ Power〜!!

大好きなピアノと日々のことを自然体で綴ります♪
PR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SEARCH
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
練習中の曲たち♪
ショパン ソナタ3番3楽章、ワルツ14番
再開後に習った曲♪
ブルグミュラー25、ソナチネ(7.10.5.4.8.13.17.9.11,12,6,1)、flaver of life、ショパンワルツ6番、10番、ツェルニー40(1.2.3.4.5,6,7.8,9,10,11,12,13.14)、幻想曲二短調k397、アルマンド(リュリ)、幻想小曲集(夕べに、飛翔)、モシュコフスキー20の小練習曲(1.2.3.4)、ショパンエチュード(25-2)、ベトソナ(テンペスト1,3楽章、20番1楽章)、シューベルト142-3、いつかのメリークリスマス、回転木馬・小さな旦那さまと小さな奥様(ビゼー連弾)、モツソナ(k545 1,3楽章)、ノクターン19、ヴァイオリンソナタ春(アンサンブル)、エディットピアフをたたえて、アラベスク(シューマン)、即興曲142-1、バッハ インベンション1.2、シンフォニア1.2、ラプソティ79-2、ドリー組曲(1.2.3.6)、小舟にて、ベトソナ27番1.2楽章、2台のピアノのためのソナタ1楽章(2台ピアノ)、ピーターと狼から3曲(連弾)、モーツァルト ヴァイオリンソナタK304 2楽章(アンサンブル)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    小山実稚恵さま ピアノ・ロマンの旅
    0
       本日は、小山実稚恵さんのピアノ・ロマンの旅

      いずみホール行ってきましたー


      今回のテーマカラーは漆黒、ということで

      黒のワンピースで気合十分、もちろん予習も少ししてから

      聴きにいってきました


      プログラム


      ・シューマン 森の情景

       「森の入口」「待ち伏せる狩人」「寂しい花」「気味の悪い場所」

       「親しみのある風景」「宿屋」「予言の鳥」「狩りの歌」「別れ」


      ・ラヴェル  夜のギャスパール

       「オンディーヌ」「絞首台」「スカルボ」

             

      ・ショパン ノクターン第13番 

      ・ショパン バラード第4番

      ・スクリャービン ソナタ第9番「黒ミサ」

      ・グラナドス ピアノ組曲 『ゴイェスカスー恋するマホたち』より

          第4曲「嘆き、またはマハと夜うぐいす」

      ・シャブリエ ブーレ・ファンタスク 



      今回は、知らない曲が多くて、正直・・

      正直、聴きに行くか迷ってました


      でも、迷ってごめんなさい


      ほんとにめちゃくちゃよかったです


      まず最初に、小山さん自ら曲紹介をしてくださるので、

      とっても分かりやすいし面白くて、

      小山さんの曲に対する思いも伝わってきました



      森の情景は、1曲目の入り口と予言の鳥がお気に入りです。

      あ〜弾きたいな〜、、、、譜読み難しそうですけど。


      ラヴェルはほんとにすっごく超絶で手がどうなってるのーって

      凝視してたんですが、少し目をつぶると、

      本当に恐ろしい闇に引き込まれてる気がして、

      ゾクッってしました。
       

      後半は、有名なショパンのノクターンから始まって、バラード4番

      小山さんのバラード4番を生で聴くのは今日で2回目ですが、

      出だしから引き込まれて、もうなんていうか、感動しました

      同じ列のおばさんは一緒に指が動いてました。


      そして、黒ミサ、これもあのバラ4を弾いた後なのに

      むしろ勢いが増してるくらい恐ろしい悪魔がやってきましたっ


      その後の「嘆き〜」は、とっても美しい曲で、

      男女の恋の物語というだけあって、セクシーなかんじの曲で

      なんだかとっても好きです


      最後のシャブリエは、とってもリズミカルで、

      小山さんがとっても楽しそうに演奏されてるように見えました。



      今回は、いつも以上に超絶なプログラムで、

      少し不気味だったり、恐ろしかったり、寂しかったり、

      いろんな闇が、見え隠れするとても素晴らしい演奏でした


      もう、ため息ものです


      アンコールは


      ・ショパン ノクターン第1番

      ・ポリーヌ・ガルシア=ヴィアルド  セレナード

      ・スクリャービン 左手のための2つの小品より
                 第2曲 ノクターン

                            でした



      最後のノクターンはほんとにうっとり。

      左手だけとは思えない演奏でした


      家族で行ったのですが、みんな好きな曲がバラバラで、

      母はアンコールのスクリャービン、兄が黒ミサ、私がバラ4

      でも、どの曲もと〜っても素敵

      また聴きたいなって思いました


      コンサートの後は、焼肉食べに行って、そこで出た結論は、


      小山さんと旅に出てる気になって、

      これから2017年まで聴きに行き続けよう 


      ということでした





      | りょー子 | コンサート♪ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      久しぶりの小山実稚恵さんのコンサート
      0

         日曜日は、待ちに待った小山実稚恵さんのコンサート

        「ピアノ・ロマンの旅」でした

        今回は、このシリーズが折り返し地点になるそうで、

        小山さん自ら演奏前に曲紹介してくださりました


        ほんと、12年のプロジェクトなんて、すごすぎます



        今回のテーマは「〜月明かりに揺れて〜」


        プログラム


        ・バッハ   平均律クラヴィーア曲集 2巻 第14番

        ・シューマン 4つの夜想曲 作品23

        ・ベードーヴェン ソナタ 第14番 「月光」 作品27-2


        ・ショパン ノクターン第5番 作品15−2

        ・ショパン 幻想ポロネーズ 作品61

        ・ドビュッシー 映像 第2集 第2曲 「そして月は廃寺に沈む」

        ・ドビュッシー ベルガマスク組曲 第3番 「月の光」

        ・ラヴェル グロテスクなセレナード

        ・ラヴェル ラ・ヴァルスー舞踊詩


        でした


        ほんとに久しぶりの小山さんで、やっぱり素敵でしたー

        あんなに速くて迫力のある月光3楽章なんて聴いたことないです

        粒がそろっていて、繊細で音階が速くてキレイで

        なんだかピアノじゃないみたいでした



        そして、アンコール


        ・ショパン ノクターン 第2番 作品9-2

        ・シューベルト 即興曲142-3

        ・ショパン ワルツ第9番 「別れのワルツ」 作品69-1




        もう、なんていうか・・うっとり



        そしてなんと、あたしが大好きな・・・・

        何度も何度も練習したシューベルトを弾いてくださって、

        めちゃめちゃ感動しました


        母と兄も一緒でしたが、2人ともあたしがこの曲を弾いた発表会に

        聴きに来てくれてたんで、覚えてくれてたようです


        あー

        幸せなひとときでした


        また、秋も行きますっ



        | りょー子 | コンサート♪ | comments(4) | trackbacks(0) | - |
        神尾真由子さんのコンチェルト♪
        0
           今日、仕事帰りにシンフォニーで関西フィルの定期演奏会に行きました

          なんと、チャイココンクール覇者神尾真由子さんの

          ブラームス、ヴァイオリン協奏曲ニ長調です。


          あたし、バイオリンは数回プロの演奏も聴きに行ったことあるんですが、

          今日の演奏はほんとに別格。

          感動しました

          ストラディバリウスの音色、テクニック、オケとの一体感、

          美しいドレス、立ち姿、どれもうっとりしてしまいました


          ブラームスの新たな一面も見れたような気がします。


          コンチェルトが終わってもブラボーの声とカーテンコールが鳴り止まず、

          出たり戻ったりを6,7回以上は何度も繰りかえされて、

          そしてアンコールを弾いてくださりました

          なんと、パガニーニの「24のカプリース」

          めっちゃかっこよかった〜。

          バイオリンってこんなに音域があって、こんなにいろんな音色があるんやぁ


          あと、びっくりしたのは、ホールは満席でお客さんがすっごく多いのに、

          1音たりとも聴き逃すまいと、神尾さんがバイオリンを構えた瞬間、

          雑音が一瞬で消えて、みんながヴァイオリンの音色に集中してました。

          神尾さんすごすぎっ


          次は、チャイコのコンチェルトニ長調が聴きたいなぁ〜


          あ〜しかし、生演奏はいいです

          最高の贅沢でした

          | りょー子 | コンサート♪ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          モーツァルトを弾き振る内田光子さん 
          0
             今日、兵庫芸文で内田光子さんのモーツァルトのピアノコンチェルト

            弾き振り 聴いてきました〜

            今までのコンサートで一番フンパツ

            なんとA席、18,000円なり。


            でも、とっても素晴らしくて大満足でした

            弾き振りなんてコンサートで見るの初めてで、

            とってもすごかった


            プログラム オールモーツァルト

            ディヴェルティメント ヘ長調 K138

            ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K488

            ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K491


            一番印象に残ったのは24番の第3楽章

            変奏曲になっている短調のメロディはすッごく好きで

            そしてピアノとオケのかけ合いの部分もとってもおもしろい

            内田さんの、弾いてすぐ振ったり、右手で弾きながら左手で指揮したり

            っていうのも、ほんと神業でした

            ピアノソロでトリルしながらのメロディがあって、

            そのトリルも長くて強弱も自由自在

            ほんとに、技術も音楽もすごかったです。

            23番の2楽章はとっても美しくて、24番の1楽章も素敵でした。


            内田光子さんのモーツァルトはいつか聴きたいって思ってたので

            ほんとに聴けてよかったです

            独特の雰囲気の方で、人柄はとてもあたたかくて、

            笑顔で手を広げて深々とおじきする姿も印象的でした



            余談ですが・・・・

            今日は母と兄とあたしの3人でコンサートに行きました

            母は小山実稚恵さんが好きなのでよく一緒にコンサートに行きますが、

            兄は初めてです

            でも、クラシックは一時めちゃくちゃハマってたので、

            あたしなんかよりよっぽど詳しいのです

            (今回の曲もあたしと母は予習したけど、兄は普通に知っていた。)

            内田さんは行きたいって言っていた兄も今日は大満足だったようで、

            24番の1楽章、特にカデンツァなんて最高って一人でぼやいてまひた。。


            そうそう、あと、内田さんは3年ぶりの来日公演だし、

            関西でここだけの公演だから、著名人とか若手ピアニストとか

            知ってる人が来るかなぁなんて少し期待して

            キョロキョロしてたけど全然でした。

            まぁ人もすっごい多かったですしね




            | りょー子 | コンサート♪ | comments(6) | trackbacks(0) | - |
            コンサートの秋♪
            0
               さて、今日はショパンの命日とのことで、

              いろんなところでコンサートがありました


              そしておっちょこちょいなあたしは、

              勘違いしてコンサートダブルブッキング

              でも結果的にはとっても贅沢な1日になりました


              まず、中之島国際音楽祭でショパンレッスンの再現コント

              ショパン役のイケメンピアニスト河内仁志さんの雨だれからスタート

              とってもキレイで癒されました

              ショパンは生徒に必ずといっていいほどクレメンティの音階をさせていたそう。

              あ〜やっぱ音階大切なんだ。。

              そして、身の丈よりも難しい曲は弾かせなかったそうです。

              あ〜・・・耳がイタイ


              そのコントの後に、上野真さんの演奏がありました。


              そして休憩。

              その後に、ドゥ&シム夫妻のピアノデュオリサイタル、

              カツァリスのピアノリサイタルが続きます。

              が・・・・

              聴けずに、もう一つのコンサートにいきました


              そう、貴公子ブレハッチです

              去年、チケットとっていたにも関わらず仕事で行けなかったんで

              今日はとっても楽しみにしていました


              初っ端のバラ1からブレハッチの世界に引き込まれました

              とってもキレイ

              そしてスケ1の中間部は泣きそうになりました

              繊細でダイナミックでコミカルであっという間のリサイタルでした


              プロの演奏家のピアノを聴くと、あたしでも弾けるような易しい曲でも

              どうしてこんなにキレイに弾けるのかっていつも思います。


              今日は、余裕をもって弾ける曲で、プロの演奏に近いくらい

              深い演奏がしたいって思いました


              いや、しかしブレハッチの笑顔も素敵でした

              アンコールの英ポロもかっこよかった〜


              テンション上がって、帰りにダイアナで狙ってたブーティ買ったし

              今日はいい夢見れそう

              ふふっ 

              でも、コンサートの秋はまだまだ続きます


              | りょー子 | コンサート♪ | comments(9) | trackbacks(0) | - |
              ピアノ・ロマンの旅〜感動のソナタ〜
              0
                 今日は、待ちに待った

                小山実稚恵さんのリサイタルシリーズ「ピアノ・ロマンの旅」

                〜感動のソナタ〜

                でした


                まず前日に、DVDにとっておいた名曲探偵アマデウスの「葬送」を見返して、

                他の曲たちも、予習はばっちし


                そして今日

                家を出る前の、うちのへたれ猫。

                 

                おたまじゃくし????



                 

                いってきま〜っす留守よろしこ。


                そして、今日いずみホールへ



                プログラム


                 シューベルト ソナタ13番 イ長調 作品120 D.664

                 ショパン    ソナタ2番  変ロ短調「葬送」 作品35


                 ブラームス  2つのラプソティー 作品79より 第2曲 ト短調

                 シューマン   ソナタ3番  ヘ短調 作品14


                席は前から2列目て手がよく見えるナイスポジション


                シューベルトの13番はとってもよく知ってて、

                去年めちゃくちゃ弾きたくて、ちょっと譜読みもしてた曲です

                1楽章はあったかい雰囲気で懐かしいメロディ〜

                やさしいタッチで、ほのぼのしてます。

                2楽章は和音がすごくきれいでした

                和音を均一にキレイに響かせるのって本当に難しくって、

                どうしてあんなにキレイな音が出るんだろうって思いました

                そして、3楽章

                正直、えっっ

                こんな素敵な曲やったっけっ

                アレグロにのって細かい連譜が左手から右手につないで

                流れていく・・・

                軽快でコミカルでユニゾンもあって、

                勢いもすごかったぁ

                小山さんもとっても楽しそうに演奏されてるように感じました

                あ〜

                この曲、絶対練習しよ〜


                次のショパンのソナタも大好きな曲

                さっきの、シューベルトとは一転 

                めっちゃ力強い演奏で、聴きながら全身に力が入ってしまいました。

                ほんと、鳥肌モノです。

                2楽章の出だしもめっちゃカッコイイ

                そして音が柔らかく、キレイなメロディ〜も出てきて。

                3楽章は有名な葬送行進曲。

                中間部のメロディーはほんとに、キレイでキレイすぎて

                ぼ〜っとしてました

                4楽章は、もう圧巻ってかんじで、

                ショパンが言うおしゃべりの域を超えている・・

                意味不明すぎてすごかったです


                ここで休憩だったのですが、

                もうこの時点で十分満足でした。


                後半はブラームスのメランコリックなメロディーから

                始まって、続いてシューマンのソナタ3番

                シューマンのソナタは2番ならよく知ってるけど、

                3番は昨日聴いたばかり。

                グランド・ソナタというタイトル通り、

                ものすごい迫力で、強烈でした

                1楽章の第一主題と、3楽章の変奏が特に印象的で、

                3楽章の変奏は最初、あっ弾きたいって思ったけど

                だんだん、ムリや〜って

                解説を読むと、クララへの愛が溢れたソナタのようで

                シューマンってほんとにクララが大好きだったんだなぁ

                ってクララがうらやましく思えました


                こんな大曲ばっかりのプログラムで、ほんと

                小山さんお疲れ様でした〜

                素敵でした〜

                ほんと、感動のソナタでした

                そして、アンコール

                 


                ワルツの19番は、とってもキレイで大好き。

                すぐに譜読みもできる、シンプルな曲だけど

                なんでこんなに美しいんだろう。やっぱ小山さんが演奏されると

                違いますね〜

                そして再び、ソナタ3番の3楽章の変奏曲がありました。(↑2楽章となってますが)

                同じ曲でも、2回目だと耳に馴染んでとても心地よくて、

                曲のよさがよく伝わりました

                とっても切なくキレイな曲

                アンコール、お疲れのところ4曲の大サービスでした


                もちろんサイン会も並びました

                ショパンのコンチェルトのCDにサインをいただき、

                握手もしてもらっちゃいました

                きゃ〜ドキドキっ

                とっても幸せでした

                また関西にきてくださぁ〜い



                | りょー子 | コンサート♪ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                ラ・フォル・ジュルネ びわ湖
                0

                   ラ・フォル・ジュルネ・びわ湖

                  〜「熱狂の日」音楽祭2010〜

                  ほんとは、東京に行きたかったんだけど行けなくて、

                  でも、今年から関西初びわ湖で開催されることを知って

                  しかも小山実稚恵さんが出られるのを知って、

                  こっこれは、行かなきゃ〜

                  という思いで昨日、行ってきまひた


                  びわ湖ホール


                  大作曲家2人のお出迎え。

                  そう、びわ湖ではショパンとモーツァルトがテーマです。

                  ショパンはモーツァルトを尊敬してたそうですね



                  初っ端の10時から小山さんのコンサートがあり、

                  電車の乗り継ぎが悪く、ぎりぎり・・・というか間に合いそうになかったので

                  大津駅からタクシーで向かいました。

                  で、セーフ ・・・あぶないあぶない

                  久しぶりに聴く演奏は、とっても優しくて、でも激しくって

                  本当に素敵でした

                  最初にモーツァルトの幻想曲K397を演奏されました

                  おととし、発表会で弾いた曲

                  この曲の素晴らしさを再発見しました

                  その後は、ワルツ数曲、バラード1.4番、英ポロ、

                  ダイナミックな演奏のなかに、優しい音色、PPがあって

                  感動でした


                  小山さん、今日5月3日お誕生日だそうで、ほんとおめでとうございます

                  さっき、BSで東京のラフォルジュルネでのインタビュー見ました

                  素敵



                  コンサートが終わってからは、ロビーで行われている

                  無料の演奏会を見たりしてました。

                  ショパンが愛用していたエラール・ピアノを修復したもの




                  チャイコ国際コンクール最年少セミファイナリストの鈴木舞さん



                  こんな素敵な演奏、とってもお得な感じですね。

                  でもすごい人でした 

                  ピアノ、チェロ、歌、ヴァイオリン、フルート、etc・・・

                  すぐ後ろにカフェがあって生演奏を聴きながらお茶できるという

                  と〜っても優雅なひとときでした


                  外は、びわ湖が目の前ですごく気持ちいいです。

                  屋台もイロイロ出てました。



                  で、たっぷり満喫した後に、ブルーノ・リグットさんのコンサート

                  モーツァルトの幻想曲K475、ショパン幻想曲、ノクターン1、5番、

                  スケ2、ワルツ7、1、19番、

                  モーツァルトの幻想曲は本当に大好きで、この暗くて、執拗な連譜とか。笑

                  スケ2もいつか弾きたいなぁ〜

                  演奏もとっても素晴らしかったです

                  巨匠の演奏って感じで、深い重みのある音でした


                  はぁ〜、1日とっても満足でした

                  来年もびわ湖行きたいな〜

                  滋賀の知事さん来られてて、楽しそうでした。

                  大阪でもして欲しいなぁ・・・けど知事さん興味あるのかなぁ〜


                  最近ずーっといい音楽を聴きすぎて・・・全然練習できてません

                  今日少し練習してみたらポロポロでした。笑

                  まずは、取り戻さなきゃっっ



                  | りょー子 | コンサート♪ | comments(3) | trackbacks(0) | - |
                  のだめ〜♪
                  0
                     昨日、のだめのコンサートに行ってきました

                    1〜2年前に友達から誘われてたけどちょうど仕事で断念

                    したことがあったので、今回はとっても楽しみにしてました


                    茂木さんの「生で聴く のだめカンタービレの音楽会」

                    プログラムは、マンガでミルヒーとのだめがコンチェルトした

                    コンサートプログラム、そのまんまです


                    歌劇「ドン・ジョバンニ」序曲  モーツァルト

                    ピアノ協奏曲第1番       ショパン


                    交響曲第4番          ブラームス



                    仕事帰りだったので、猛ダッシュしたけど

                    モーツァルトは間に合いませんでした


                    ショパンのコンチェルトは高橋多佳子さんがソリストで、

                    コンサート前にインタビューがあり、のだめが大好き、

                    この曲が大好きっておっしゃってました

                    とってもかわいらしい方で演奏もステキ

                    演奏中にスクリーンからマンガの印象的なシーンや

                    曲の説明やらが出てきて、すごく分かりやすかったし

                    のだめに入り込めました。笑

                    のだめと千秋のすれ違い、音楽との向き合いとか

                    素敵だなぁ〜。

                    2楽章、ほんとに大好き

                    なんて美しいんだろ〜

                    簡単アレンジバージョンで練習したいな


                    そして休憩を挟んでブラームスです

                    オケがぞろぞろと準備してはるとき、コンマスの席に

                    あの、映画に出てたシモンさんが座ってて  

                    え〜 っまさかっ (でもすぐ気づきました。笑)

                    って思ってたら、茂木さんが、

                    「そうです。映画でコンマスをしていたシモンさん役の方です」

                    っと紹介があり、インタビューもあって、

                    実際は、アマチュアでオケに入っていて、

                    ドイツの有名なオケにもトラででたりするそうです。

                    そして、夢はコンマスになることですっておっしゃって、

                    会場は大うけでした

                    そして、ソロで少しヴァイオリンの演奏をされて、

                    のだめでやったブラームスの交響曲1番を抜粋でオケと演奏されました。

                    とっても大きい方で、ヴァイオリンが小さく見えます

                    演奏はもちろんステキでした


                    そして本命のブラームス4番

                    壮大でかっこいい、初めて聞いた曲ですが

                    とっても素敵で、特に1.4楽章が印象的でした


                    アンコールは

                    ベト7

                    キター ってかんじで、ほんとに嬉しくって

                    しかも、途中から立って演奏されたりとパフォーマンスもあり、

                    会場も盛り上がって、ほんとにおもしろかったし楽しめました


                    あたしは、マンガでのだめを見てピアノを再開した1人なので

                    このマンガに出合えてよかったし、

                    もっといろんな演奏聴いたり、ピアノ弾きたいなぁ〜って思いました


                    それに、なんといっても生で音楽を聴くと、

                    日常を忘れるくらい幸せな気分になれますね。


                    そして今日は映画で後編見ました

                    あたしはマンガ派なのですが、映画も楽しめました


                    ゴールデンウィーク、今まで大型連休とは無縁の職場だったから

                    5連休もして・・・・

                    いいのかしら


                    時間がないとなかなかできないこと、

                    部屋の掃除、ピザの試作、ピアノをじっくり取り組む、

                    音楽聴く、いろんなモノの整理、メンテナンスをしたいな

                    | りょー子 | コンサート♪ | comments(2) | trackbacks(0) | - |
                    ショパン鍵盤のミステリー 2回目
                    0
                       今日はまたまたコンサート

                      最近、たまたま続いてます

                      仲道郁代さんの「ショパン鍵盤のミステリー」

                      シリーズの2回目でした

                      プログラム

                      ポロネーズ3番 「軍隊」
                      バラード2番
                      24のプレリュードより1,2,3,4,7,15「雨だれ」,24番

                      ポロネーズ5番
                      ノクターン11番
                      バラード3番

                      アンコール

                      英雄ポロネーズ

                      このコンサートは、映像やお話、クイズもあってとっても楽しいです

                      仲道さんって、小柄でかわいらしい雰囲気なのに、

                      ポロネーズやバラードの激しい曲がとっても力強くって、カッコよくって、

                      いつも圧倒されます

                      そして、アンコールは仲道さんがマイクで、

                      「いつものように次回予告で・・・英雄ポロネーズを」っと。

                      えぇ〜アンコールで

                      っと会場がびっくりする中、大曲を弾いてはりました。

                      わぁ〜

                      すごすぎっ

                      次回も楽しみです〜

                          
                       
                      これ、帰りに買いました

                      幸せの青い鳥。。笑

                      | りょー子 | コンサート♪ | comments(2) | trackbacks(0) | - |
                      ショパンの誕生日☆,。・:*:・゚★
                      0
                         3月1日、ショパンの200歳の誕生日

                        今日は、個人レッスンで教わってるH先生のコンサートでした

                        ショパンのピアノ三重奏

                        白のドレスでめちゃめちゃキレイかっこよかったです


                        あたしもショパンの誕生日に練習中の曲を弾いて

                        プチ祝いしよっと



                        | りょー子 | コンサート♪ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                        <new | top | old>