ピアノ Power〜!!

大好きなピアノと日々のことを自然体で綴ります♪
PR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SEARCH
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
練習中の曲たち♪
ショパン ソナタ3番3楽章、ワルツ14番
再開後に習った曲♪
ブルグミュラー25、ソナチネ(7.10.5.4.8.13.17.9.11,12,6,1)、flaver of life、ショパンワルツ6番、10番、ツェルニー40(1.2.3.4.5,6,7.8,9,10,11,12,13.14)、幻想曲二短調k397、アルマンド(リュリ)、幻想小曲集(夕べに、飛翔)、モシュコフスキー20の小練習曲(1.2.3.4)、ショパンエチュード(25-2)、ベトソナ(テンペスト1,3楽章、20番1楽章)、シューベルト142-3、いつかのメリークリスマス、回転木馬・小さな旦那さまと小さな奥様(ビゼー連弾)、モツソナ(k545 1,3楽章)、ノクターン19、ヴァイオリンソナタ春(アンサンブル)、エディットピアフをたたえて、アラベスク(シューマン)、即興曲142-1、バッハ インベンション1.2、シンフォニア1.2、ラプソティ79-2、ドリー組曲(1.2.3.6)、小舟にて、ベトソナ27番1.2楽章、2台のピアノのためのソナタ1楽章(2台ピアノ)、ピーターと狼から3曲(連弾)、モーツァルト ヴァイオリンソナタK304 2楽章(アンサンブル)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 2012.10.27  ピアノの発表会♪ | main | 今年を振り返って♪ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - |
    小山実稚恵さま ピアノ・ロマンの旅
    0
       本日は、小山実稚恵さんのピアノ・ロマンの旅

      いずみホール行ってきましたー


      今回のテーマカラーは漆黒、ということで

      黒のワンピースで気合十分、もちろん予習も少ししてから

      聴きにいってきました


      プログラム


      ・シューマン 森の情景

       「森の入口」「待ち伏せる狩人」「寂しい花」「気味の悪い場所」

       「親しみのある風景」「宿屋」「予言の鳥」「狩りの歌」「別れ」


      ・ラヴェル  夜のギャスパール

       「オンディーヌ」「絞首台」「スカルボ」

             

      ・ショパン ノクターン第13番 

      ・ショパン バラード第4番

      ・スクリャービン ソナタ第9番「黒ミサ」

      ・グラナドス ピアノ組曲 『ゴイェスカスー恋するマホたち』より

          第4曲「嘆き、またはマハと夜うぐいす」

      ・シャブリエ ブーレ・ファンタスク 



      今回は、知らない曲が多くて、正直・・

      正直、聴きに行くか迷ってました


      でも、迷ってごめんなさい


      ほんとにめちゃくちゃよかったです


      まず最初に、小山さん自ら曲紹介をしてくださるので、

      とっても分かりやすいし面白くて、

      小山さんの曲に対する思いも伝わってきました



      森の情景は、1曲目の入り口と予言の鳥がお気に入りです。

      あ〜弾きたいな〜、、、、譜読み難しそうですけど。


      ラヴェルはほんとにすっごく超絶で手がどうなってるのーって

      凝視してたんですが、少し目をつぶると、

      本当に恐ろしい闇に引き込まれてる気がして、

      ゾクッってしました。
       

      後半は、有名なショパンのノクターンから始まって、バラード4番

      小山さんのバラード4番を生で聴くのは今日で2回目ですが、

      出だしから引き込まれて、もうなんていうか、感動しました

      同じ列のおばさんは一緒に指が動いてました。


      そして、黒ミサ、これもあのバラ4を弾いた後なのに

      むしろ勢いが増してるくらい恐ろしい悪魔がやってきましたっ


      その後の「嘆き〜」は、とっても美しい曲で、

      男女の恋の物語というだけあって、セクシーなかんじの曲で

      なんだかとっても好きです


      最後のシャブリエは、とってもリズミカルで、

      小山さんがとっても楽しそうに演奏されてるように見えました。



      今回は、いつも以上に超絶なプログラムで、

      少し不気味だったり、恐ろしかったり、寂しかったり、

      いろんな闇が、見え隠れするとても素晴らしい演奏でした


      もう、ため息ものです


      アンコールは


      ・ショパン ノクターン第1番

      ・ポリーヌ・ガルシア=ヴィアルド  セレナード

      ・スクリャービン 左手のための2つの小品より
                 第2曲 ノクターン

                            でした



      最後のノクターンはほんとにうっとり。

      左手だけとは思えない演奏でした


      家族で行ったのですが、みんな好きな曲がバラバラで、

      母はアンコールのスクリャービン、兄が黒ミサ、私がバラ4

      でも、どの曲もと〜っても素敵

      また聴きたいなって思いました


      コンサートの後は、焼肉食べに行って、そこで出た結論は、


      小山さんと旅に出てる気になって、

      これから2017年まで聴きに行き続けよう 


      ということでした





      | りょー子 | コンサート♪ | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - |









        url: http://ryo--ko.jugem.jp/trackback/322